GAME SCHEDULE / RESULT

試合日程・結果

GAME RESULT 試合結果

2024明治安田J2リーグ 第13節

AWAY

ザスパ群馬

群馬

2024.05.03 FRI 14:03 KICK OFF

藤枝総合運動公園サッカー場

1

0 0

1 2

2

試合終了

HOME

藤枝MYFC

藤枝

GOAL

  • 99 山田太郎 99'
  • 10 佐藤亮 52'

progress of a match 試合経過

ザスパ群馬
藤枝MYFC
前半後半データ後半前半
5シュート10
4CK5
GK
11FK16
オフサイド
0PK0

MEMBER LINEUP メンバーラインナップ

スターティングメンバー
  • GK 21 櫛引政敏

  • DF 5 川上エドオジョン智慧

  • DF 3 大畑隆也

  • DF 2 城和隼颯

  • DF 24 酒井崇一

  • MF 35 玉城大志

  • MF 22 高橋勇利也

  • MF 10 佐藤亮

  • MF 50 菊地健太

  • FW 23 平松宗

  • FW 9 北川柊斗

控えメンバー
  • GK 13 近藤壱成

  • DF 36 中塩大貴

  • FW 17 山中惇希

  • FW 7 和田昌士

  • FW 41 永長鷹虎

  • FW 8 髙澤優也

  • FW 40 佐川洸介

監督
  • 大槻毅

スターティングメンバー
  • GK 41 北村海チディ

  • DF 5 小笠原佳祐

  • DF 16 山原康太郎

  • DF 4 中川創

  • MF 6 新井泰貴

  • MF 26 西矢健人

  • MF 13 大曽根広汰

  • MF 23 梶川諒太

  • MF 10 榎本啓吾

  • FW 17 平尾拳士朗

  • FW 9 矢村健

控えメンバー
  • GK 35 内山圭

  • DF 3 鈴木翔太

  • DF 99 ウエンデル

  • MF 8 浅倉廉

  • MF 19 シマブクカズヨシ

  • MF 33 河上将平

  • FW 11 アンデルソン

監督
  • 須藤大輔

DATA 試合環境

入場者数
3058
天候
23.2℃ 47%%
主審
上原直人
副審
馬場規、竹長泰彦

MOVIE ハイライト動画

COMMENT 監督コメント

本日行われました「2024明治安田J2リーグ第13節vs藤枝MY FC」の試合後監督記者会見における大槻監督のコメントをお知らせいたします。


(試合を振り返って)
藤枝さんが前節から戦い方を少し変えてきたところ、継続してきた部分の両方を見た上で選手たちに対して「しっかりとやりましょう」と話して入って、狙いが出た部分とそうでない部分がありますが最終的にああいった形で失点してしまったので、非常に我々にはまだまだ足りない部分があるなぁと感じます。アウェイに来て勝点を拾う、もぎ取るような戦いをしに来たつもりだったので、0という結果になってしまい、とても残念に思っています。

(先制した後、選手の気持ちが引けてしまったように感じがしたが)
それは僕も感じていました。特に失点の場面で2つともラインが上がらなかったところであったり、前線でファーストディフェンダーが決まらないところ、相手GKが出てきたら取りに行かないといけないし前の選手はフレッシュだったので。ただ下がったこと、GKとの間でスペースを与えないことでしっかりと守備を構築出来る部分はあるけれども、ああいうところで前に出ていくのは必要だったと思います。多分にメンタリティという言葉で片付けがちですけれど、そういうことではなくて全体として状況に応じた適切な判断することが必要だと思います。ただ今日の試合の中で出来てないことが大問題で、昼間のゲームでというのはありますが疲労といったところよりも自分たちが前に出るところをサポーターに見せるという決意は持たないといけないと思っています。

(結果が出ないところですぐ迎える清水との次節で意識するところは?)
とにかく回復に努めることが優先だと感じています。今日のゲームで強度であったり戦術的な判断や思考、やれている時間でどうしないといけないのか、18人全員で戦わないといけないと思いますし、そういったところをもう一度見直して、時間はないですが回復してやっていきたいと思います。

(前半はあまり前から行かなかったように見えたが、どんなゲームプランで入ったか?)
藤枝さんは右と左で仕組みが違うので、そこに数を合わせて背後を消すと入って来れないシーンが出てくると思ってましたけど、前半一番入られたのはスローインからウチの城和選手の前で収まってカウンターっぽくウチの右サイドに来て斜めに入れられたシーンだと思います。ああいうところは消していこうと思っていました。相手がその外のところが数的優位にならないとプレッシャーを掛けられない状況はある、というのは話していましたがもう少し前に出るところは必要だったと思います。ただ藤枝さんはボールを持つのが上手なチームなので、なかなか難しい部分がありました。